MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

スポーツ

紀平 四大陸選手権Vから帰国、“逆転の紀平”脱皮図る

スポニチアネックス - 2月13日(水) 6時0分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 フィギュアスケート四大陸選手権で初優勝した女子の紀平梨花(16=関大KFSC)が成田空港に帰国した。航空機の到着が1時間ほど遅れてドタバタの乗り継ぎとなったが、「ショートプログラム(SP)ではミスがあったトリプルアクセルをフリーの朝練で確認して自信をつけた。それでうまくいったので、今はうれしい」と振り返った。
 3月20日から始まる世界選手権(埼玉・さいたまスーパーアリーナ)へ向け、目指すはSPからのスタートダッシュ。「今回SPよりフリーの方が集中することができた。その集中をSPから忘れず、絶対にSPから集中力を出せるように」。今季の国際大会は5戦5勝のうち逆転優勝3度。“逆転の紀平”からの脱皮が、成長の証明となる。
 ≪宇野、世界最高も「少しモヤモヤ」≫男子で初制覇した宇野昌磨(21=トヨタ自動車)も成田空港に帰国した。フリーではルール改正された今季の世界最高となる197・36点。逆転での戴冠となったが、右足首の負傷とも向き合っていただけに「やりきった実感や達成感はいつもより少ないと思う。その少しのモヤモヤは世界選手権にぶつけたい」と語った。
 ≪フリー自己最高の三原「経験生かす」≫四大陸選手権女子で3位に入った三原舞依(シスメックス)が関西空港に帰国した。SP8位と出遅れながら、自己最高点をマークして挽回したフリーの演技を振り返り「凄くいい経験になった。強いアスリートになるためにも今回の経験を次に生かしていければ」と話した。3月のユニバーシアード(ロシア)で日本選手団の主将を務める。「五輪のような雰囲気を味わえると思う。できることを精いっぱいやりたい」と意気込んだ。

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS