MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

スポーツ

逸ノ城 三役で初、無傷4連勝 自己最重量225キロも軽快出足

スポニチアネックス - 5月17日(木) 6時0分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 前へ、前へ。体重225キロと自己最重量を更新しても、逸ノ城の動きは軽快だ。初顔合わせの豊山に左を張り、右を差して万全の寄り切り。「自分の相撲ですね」と納得の表情を見せた。
 「今場所は足がよく出ている」と怪物は口にする。初日は左右に動く阿炎を問題にせず押し出し。2日目も204キロの魁聖を右で起こすと力強く一歩、二歩と踏み込んだ。
 春巡業後、朝稽古では四股など基礎動作を日課とし、重りを持ちながらすり足を繰り返してきた。鍵は前傾姿勢。湊親方(元幕内・湊富士)は「体重が重いと後ろに重心がかかりがちになる」と理由を明かす。魁聖は「四つになっても足を前に動かしてくる」と脱帽した。3日目は大栄翔を破ったものの「引いてしまった。悪い癖が出た」と反省が口を突いた。16日の朝は若い衆と土俵で稽古を行い、鋭い出足で全勝。一夜で悪癖を修正した。リフレッシュの方法は音楽鑑賞。吉幾三など、演歌をこよなく愛する。湊部屋のおかみさん・三浦真(まこと)さん(47)は「(歌詞の)言葉の意味が心に響くようです」と話す。
 母の日には、真さんに花束とエプロンをプレゼントした。優勝争いの主役になることも期待されるが「まずは2桁勝ちたい」と口元を引き締めた。

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS