MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

野球

広島 ターリーでも「魔の8回」変わらず… 先頭村上に2打席連発ですぐさま同点 

スポニチアネックス - 5月14日(土) 16時50分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 ◇セ・リーグ 広島—ヤクルト(2022年5月14日 マツダ)
 広島新外国人のニック・ターリー投手(32)が同点被弾を浴びた。
 1点を勝ち越した直後の8回に登板。しかし、先頭の村上に1ボールからの154キロ直球をバックスクリーンに運ばれる2打席連発の同点ソロとされた。
 今季のイニング別の失点は、8回が30失点で最多。高橋投手コーチは「結局は、そこを意識していると、よろしくないでしょうから。つないでつないで行こうと思っています」と言及し、“8回の男”を固定しない方針を明かしていた。
 勝ちパターンの候補は、ケムナ、森浦、ターリーら。この日の8回は村上など左打者が続く展開でターリーを投入したものの、「魔の8回」を払しょくすることはできなかった。

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS