MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

格闘技

福永亮次 7回TKO勝ちでチョコ色のベルト獲得「これが一番」

スポニチアネックス - 2月14日(金) 22時3分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 ボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は14日、東京・後楽園ホールで行われ、同級5位の福永亮次(33=角海老宝石)が王者フローイラン・サルダール(30=フィリピン)に7回1分40秒TKO勝ちし、新王者となった。
 序盤からボディーを攻める作戦だったが、「思っていたより距離が遠かった」こともあり、何発も顔面に被弾。右目周辺を大きく腫らした福永は7回に勝負に出た。ガードを固めて前進。接近戦でのボディー連打でダウンを奪うと、最後はサルダールをコーナーに追い詰めてラッシュ。レフェリーが試合を止めた。
 「今はテンパっていて何も考えられない。とりあえず勝ててよかった。最高の気分です」。バレンタインデーにチョコレート色をベルトを手にした福永は「これが一番」と笑った。
 段は鉄筋コンクリートや鉄骨構造の建築現場でコンクリートを流し込む型を作る型枠大工として働く。13年にエディタウンゼントジムからプロデビュー。15年に宮田ジムに移籍して16年に30歳で全日本新人王になった遅咲きのボクサーは角海老宝石に移籍して2戦目で念願のタイトルを獲得。10日後に第1子が誕生予定の田部井要トレーナー(34)への前祝いにもなった。
 世界ランキング入りも確実となったが、WBO世界スーパーフライ級王者には井岡一翔(Reason大貴)が君臨し、前WBO世界フライ級王者の田中恒成(畑中)も4階級制覇を目指し、転級するなど日本人選手に強豪がそろう階級。福永は「(自分の)レベルが低すぎて世界とかは言えない。もっと練習せんといかん」と表情を引き締めた。

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS