MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

野球

日本ハム 小笠原HCが著書出版イベント 清宮、輝星にエール 若手へ「土台つくって」

スポニチアネックス - 1月15日(水) 20時19分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 日本ハム・小笠原道大ヘッドコーチ兼打撃コーチが15日、都内で自身の著書「二軍監督奮闘記」(ワニブックスPLUS新書)の出版イベントに参加。トークショーでは清宮や吉田輝についても言及し、ファンを喜ばせた。
 2人のプレーは実際に見たことがないと前置きしつつ、清宮については「ケガが多くてキャンプをやったことがない。いろんなことに左右されずに体をつくって、40歳を過ぎても彼の持っているものを最大限出せるようにやってもらいたい」とエール。吉田輝についても「いいものがあれば1軍で投げてほしいけど、中途半端なら今年は1軍で投げなくてもいいくらい。ケガをしない、しっかりとした土台をつくって5年、10年と結果を残して投げられる投手になってもらいたい」と期待を込めて話した。
 著書は中日2軍監督としての4年間を振り返ったもの。これまで自身の野球人生を通じて「早く(1軍に)上がってそのまま故障したり、勘違いをして練習しなくなる選手をたくさん見てきた」と説明。その上で「(プロ野球選手は)1年でも長くプレーをするのが仕事。ケガをしたり、調子が悪くなって2軍にいく選手は計算が立たない。だからじっくりと土台をつくってほしいと思う」と若手選手に助言していた。

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS