MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

野球

ロッテのドラ2・東妻 智弁和歌山の弟の活躍に刺激 好投で9回の逆転劇を呼び2勝目

スポニチアネックス - 8月13日(火) 23時0分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 ◇パ・リーグ ロッテ5—1日本ハム(2019年8月13日 東京D)
 しびれる場面だった。1—1の8回。4番・清宮から始まる打順で抜てきされたのはロッテのドラフト2位・東妻だった。
 「自分持ち味は勢いよく投げること。チームにその勢いが移ってくれればと思った」
 身長1メートル72と小柄だが、マウンドで見せる躍動感はそれを補って余りある。清宮にはこの日、最速153キロを見せた後、144キロシュートで左飛。渡辺、谷口と13球で三者凡退とし、9回の逆転劇を呼び、2勝目を手にした。
 「弟が活躍している。自分もやるべきことをしっかり、やらないと笑われると思った」。この日、甲子園で智弁和歌山の弟・純平が、明徳義塾戦で中越え本塁打を放った。「バックスクリーン右へどんなパワーしてるんだと思いました」。映像で受けた刺激をそのまま、白球へ乗せた。
 「(東妻は)今一番、勢いがある。勝ち運を持ってくる選手」と井口監督。ビハインド以外で「8回」を任せるのは初めてというサプライズ采配だったが、見事、はまった。
 連敗を4で止めた東妻は「兄弟そろって、いい運が来ていますね」と苦笑いを浮かべる。プロとアマ。舞台は違えど「東妻兄弟」が輝いた1日だった。

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS