MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

野球

日本ハム吉田輝星、デビュー戦5回1失点!「直球はある程度通用したのかな」

スポニチアネックス - 6月12日(水) 20時13分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 ◇交流戦 日本ハム—広島(2019年6月12日 札幌D)
 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が12日、札幌ドームで行われた広島戦でプロ初登板初先発。1軍デビュー戦は5回84球を投げ、4安打1失点で勝利投手の権利を得て降板した。
 注目の初回は1番長野にプロ初安打を許すなど、1死満塁のピンチを背負ったが、5番西川を空振り三振、6番磯村を三ゴロに抑え無失点で切り抜けた。
 先制点を受けた2回には長野に左二塁打を打たれプロ初失点を許したが、味方が勝ち越した3回はバティスタ、鈴木、西川の中軸を3者凡退に抑えた。
 デビュー戦で昨季セ・リーグ最多勝投手・大瀬良との投げ合いになったが、吉田は伸びのある直球とカーブなど効果的な変化球も駆使して力投。4回も無失点、5回は3巡目の長野を左飛、菊池涼を145キロの直球で空振り三振、バティスタを右飛に封じ、勝利投手の権利を得てマウンドを降りた。
 吉田は初登板後に「初めての1軍マウンドで、試合開始から雰囲気は違うなと思いました。それでも、緊張はあまりせずに、初回から投げられました。しっかりと指にかかった真っすぐはファウルが取れたし、後半は多少コースが甘くなっても、うまく空振りも奪えました」と振り返った。
 「初対戦ということもありますが、自分の真っすぐはある程度通用したのかなと思います。1回、2回とピンチもありながら最少失点でしのいで、3回以降はリズムよく投げられました。チームの勝利を信じてベンチから応援します」とコメントした。

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS