MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

野球

DeNAパットン激怒…初退場 リプレー検証巡り混乱相次ぐ

スポニチアネックス - 9月15日(土) 8時32分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 ◇セ・リーグ DeNA4―2巨人(2018年9月14日 横浜)
 巨人・岡本はスイング動作の後に死球を受け、DeNA・ラミレス監督がリクエスト。ハーフスイングはリクエスト対象ではなく、投球が当たっているかどうかだけが判断されて判定は変わらず、リクエスト後に認められていない異議を唱えて激高したパットンが初の退場処分となった。
 判定を巡る混乱は4回のDeNAの攻撃でもあった。1死二、三塁で井納が二ゴロ。本塁は一度タッチアウトとされたが、ラミレス監督のリクエストでリプレー検証を行った結果、コリジョンルールが適用されてセーフとなり、捕手の大城に警告が出された。コリジョンの判定はリクエストの対象ではない。責任審判の佐々木一塁塁審は「リクエストで見に行った。だが、映像にはコリジョンが映っていた」と珍しいケースだと認めた。

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS