MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

サッカー

結婚式の準備「間違った情報」 追加招集の土居、苦笑

朝日新聞デジタル - 12月7日(木) 22時38分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 日本サッカー協会は7日、東アジアE―1選手権(9〜16日)に臨む日本代表にFW土居聖真(鹿島)を追加招集すると発表した。離脱したMF清武弘嗣(セ大阪)に代わり、初の代表入り。ハリルホジッチ監督は7日の公式記者会見で「土居は結婚式の準備をしていたようだ。式は取りやめなくていいから、数日間来てほしい」とラブコールを送ったが、実際は……。
 緊急の呼び出しだった。前夜、清武が練習で頭を強打し、脳振盪(しんとう)と診断された。代わって監督が呼ぼうとした土居は、北海道で鹿島のチームメートと納会中だったという。正式に招集の連絡がきたのは7日午前。土居は「最終節が終わってから体も動かしていなかった」。スパイクなどの用具も大急ぎで用意し、夕方の練習開始になんとか間に合った。
 ハリルホジッチ監督は、6月に結婚を発表した土居が挙式を控えて準備中だとして、「日本のどこかに、北の方にいるようなので。探しに行かなければいけない」「申し訳ないが、彼の喜びを少し邪魔することになる」などと話していた。だが、本人は「(挙式の準備は)本当に間違った情報なので何とも言えない。普通に休んでいただけ」と苦笑い。プライベートの予定について多くは語らなかった。
 山形県出身の土居は鹿島の下部組織育ちで、プロ7年目の今季はJ1で33試合3得点。鹿島でも甘いマスクで「イケメン」と人気の25歳だ。「追加招集だが、来たからには何か爪痕を残したい。失うものは何もない」と話した。(藤木健)

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2017 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.