MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

野球

相手も認める直球の質=デビュー飾った吉田輝—プロ野球・日本ハム

時事通信 - 6月12日(水) 23時39分

 プロ野球日本ハムのドラフト1位新人、吉田輝星投手(18)が12日、本拠地札幌ドームで行われた広島戦でプロ初登板初先発を初勝利で飾った。
 石川亮捕手は直球中心の強気なリードを心掛け、ルーキーの潜在能力を引き出した。「監督もコーチも、真っすぐがどれだけ通用するのか見たかったと思う」。指にかかった直球には相手打線もてこずっており、マスク越しに「威力は普通と違う」と感じたという。
 広島の4番打者、鈴木誠也外野手は「あまり見たことのない真っすぐ」と、スライダー気味に曲がってくる直球などに苦戦したことを認めた。一回1死満塁で三振に倒れた西川龍馬内野手も「あんな(いい)ストレートの投手は久々に見た」。長野久義外野手は、打者のリズムを崩そうとする姿について「マウンドの落ち着きはルーキーらしくない」と褒めていた。
 5日に栗山英樹監督が登板日を公表したこともあり、平日夜にもかかわらず観衆は3万3563人。札幌市に住む20代の女性は「甲子園で有名になった時から見ている。実力を示してくれた」と喜び、広島ファンで40代の男性は「末恐ろしい18歳。違うリーグでよかった」と興奮気味に話した。 
[時事通信社]

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。