• 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

お天気情報

一般

聖火リレー日数、年度内決定=ルートに被災地も―東京五輪組織委

時事通信 - 10月12日(木) 19時11分

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の布村幸彦副事務総長は12日、五輪前に全47都道府県を回る方向で検討している聖火リレーの日数や出発地点を、今年度中に固める意向を明らかにした。組織委が大枠を示した後、来年度に各都道府県の実行委員会が具体的なルート選定や走者の人選に入る。
 国際オリンピック委員会(IOC)の内規では聖火リレーは100日以内と定められているが、組織委は災害の被災地もルートに入れることを前提に、IOCに緩和を求める方針。布村副事務総長は「(IOCには)日本からの要望を弾力的に受け止めていただける」との認識を示し、全体の日数については「協賛金がどれだけ集まるかによっても制約が生じる」と述べた。 
[時事通信社]

 

最新の記事



掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。