ページ内を移動するためのリンクです

経済

五輪グッズの店に行列、売り切れも サイトは一時ダウン

朝日新聞デジタル - 7月26日(月) 7時0分

 東京五輪の関連商品を買い求める人が増えている。公式グッズを扱うオンラインショップのサイトには開会式のあった23日夜以降、アクセスが集中し、利用しにくい状態に。店舗には行列ができた。
 4連休の最終日の25日、東京都千代田区にある東京五輪のオフィシャルショップ丸の内店は、多くの人でにぎわった。店内は隣の人と肩が触れ合うほどの混み具合で、レジには数十人の行列ができていた。
 店によると、1カ月前は、客は1日50人ほど。「大会が開催されるかどうかもわからず、静かな雰囲気」だった。2週間ほど前から徐々に増え始め、4連休に入ると一気に1日あたり500~800人に。売り上げは1カ月前と比べて5倍ほど増えた。
 キーホルダーやTシャツなど約1200種類の公式グッズを販売。売り切れる商品も多く、特に野球ボールや聖火のトーチのミニチュアなどが人気という。担当者は「連休中は人が増えると思ったが、予想以上だった」と話した。

経済トピックス

ニュースカテゴリ

ページトップへ