MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

NZで銃乱射 49人死亡 2カ所のモスクで…アーダン首相は「テロ」と断定

スポニチアネックス - 3月16日(土) 5時39分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 ニュージーランド南島のクライストチャーチで15日、2カ所のモスク(イスラム教礼拝所)で銃乱射事件が発生し、警察によると49人が死亡した。アーダン首相は「テロ」と断定。警察は男3人、女1人の計4人を拘束し、動機の解明など本格的捜査に乗り出した。
 容疑者の1人は襲撃の際、自身の頭部に着けたとみられるカメラで動画を撮影しながら、インターネット上で17分間にわたって生中継しており、犯行の異様さは際立っている。AP通信は、乱射を実行したと主張する男が、反移民を訴える74ページの声明を残していたと報じた。地元メディアによると、同国史上最悪の銃乱射事件。
 アーダン氏によると、20人以上が重傷を負った。容疑者の車両からは爆発物も発見され、警察が処理した。警察は住民に対し、屋外に出ずに警戒するよう呼び掛け、全てのモスクに警官を派遣。市内の学校や公共施設も閉鎖された。
 容疑者の1人はオーストラリア人。実行犯らはヘルメットに迷彩服姿で、目撃者によると自動小銃が使われた。銃乱射は午後1時45分(日本時間午前9時45分)ごろから、金曜日の礼拝が行われていた市中心部のハグレー公園近くのモスクと、東に約5キロの住宅街にあるモスクで発生した。
 日本人が巻き込まれたとの情報は入っていない。
 ≪お母さんは歩いて10分のところにいた≫ ラグビー日本代表主将のリーチ・マイケル(東芝、写真)は15日、出身地のニュージーランド・クライストチャーチで発生した銃乱射事件について「お母さんは歩いて10分のところにいた。仕事場で待機していて、外に出られないから一晩過ごすらしい。でも、大丈夫だった」と沈痛な面持ちで話した。合宿先の沖縄で取材に応じた。事件を知るとすぐに電話で連絡を取ったという。
 また、同国で高い人気を誇るラグビーの代表チーム「オールブラックス」は、ツイッターで「クライストチャーチ、あなたとともにいます。悲劇の影響を受けた皆さまと思いは一つです」と哀悼のメッセージ。元同国代表のダン・カーター(神戸製鋼)は「現在クライストチャーチにいる皆さまに思いを届けます」とつづった。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS