MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

日大理事長を任意聴取 特捜部、金銭授受を捜査 側近ら逮捕後初めて

朝日新聞デジタル - 10月14日(木) 5時0分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 日本大学付属病院の建て替え工事をめぐって大学の資金2億2千万円が外部に流出したとされる事件で、東京地検特捜部は13日、田中英寿・日大理事長(74)から任意で事情聴取した。田中氏の聴取は側近の理事らが7日に背任容疑で逮捕されてから初めて。特捜部は不透明な金が田中氏にも流れた可能性があるとみており、資金流出への関与や金銭授受について確認した模様だ。
 特捜部は7日、日大理事・井ノ口忠男容疑者(64)と医療法人「錦秀会(きんしゅうかい)」(大阪市)の前理事長・籔本雅巳容疑者(61)を逮捕し、田中氏の自宅を9月8日に続いて家宅捜索した。田中氏は最初の捜索直後に2回聴取を受け、現在は持病の悪化を理由に入院している。田中氏は周囲に、資金流出の経緯は「知らない」と述べ、両容疑者からの金銭提供も否定しているという。事件について「日大に損害はないのでは」とも話しているという。
■周囲には関与否定
 特捜部の調べや関係者の話によると、井ノ口容疑者が取締役を務めた日大の子会社「日本大学事業部」は、板橋病院の建て替え工事の設計・監理業者を選定する業務を日大から委託された。井ノ口容疑者は、評価点を改ざんして都内の設計事務所を選定。日大から約7億3千万円の着手金が支払われた事務所に指示し、2億2千万円を籔本容疑者が出資した実体のないペーパー会社に2020年8月に送金させたという。
 翌9月には錦秀会の関連会社から井ノ口容疑者の知人側の会社に6600万円が送られ、井ノ口容疑者は最終的に計2500万円を受領した。籔本容疑者はペーパー会社の株主として1億円の配当を得たという。
 特捜部は両容疑者が自らの利益を図って日大に2億2千万円の不要な支出をさせた疑いで調べている。両容疑者は逮捕後の取り調べでも容疑を否認。特捜部は田中氏への金銭提供についても聴いているという。
 田中氏は保健体育事務局長などを経て08年に法人トップの理事長に就任した。井ノ口容疑者は名刺に「理事長付 相談役」と印刷する側近で、籔本容疑者と田中氏もアマチュア相撲を統括する日本相撲連盟の副会長を共に務める間柄だ。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2021 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.