MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

JR北海道の駅員ら22人感染 同じ運動部の関係者ら

朝日新聞デジタル - 5月4日(火) 20時29分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 JR北海道は4日、同じ社内運動部に関係する社員22人の新型コロナウイルス感染がわかったと発表した。21人は同部に所属し、他の1人はそれ以外の濃厚接触者。22人のうち16人は札幌や新千歳空港、苗穂など11駅で窓口業務を担当し、感染判明まではマスクを着け、ビニールカーテン越しに接客していたという。他の6人はデスクワークなどに従事していた。感染者は休みを取らせ、現時点で列車の運行に影響はないという。
 JR北によると、運動部の社員に発熱などの症状が出たため、4月28日にPCR検査をしたところ5人の感染が判明。その後濃厚接触者33人を検査し、同じ部の16人、それ以外の1人の感染がわかった。残る16人は陰性だった。(伊沢健司)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2021 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.