MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

「犬小屋が燃えている」 焼け跡から約30匹の死骸

朝日新聞デジタル - 2月23日(火) 9時33分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 22日午前9時ごろ、宮城県大崎市古川北宮沢の犬の飼育施設で、「犬小屋が燃えている」と目撃者から110番通報があった。宮城県警古川署によると、この施設で働く女性2人がやけどを負ったほか、焼け跡から30匹程度の犬の死骸が見つかったという。
 署によると、敷地内にある犬舎2棟のうち、平屋建ての1棟が全焼した。この施設ではトイプードルやチワワなど主に小型犬が飼育されており、焼け跡から死骸が相次いで見つかった。犬を助け出そうとした20代と30代の女性2人が煙を吸うなどの軽傷を負った。
 犬舎内にはストーブが置かれていて、署はこのストーブが火元になった可能性があるとみている。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2021 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.