MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

子より先に死ねない…障害ある子と親の「普通」を映画に

朝日新聞デジタル - 11月21日(土) 21時0分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

■映画「普通に死ぬ」を撮った、貞末麻哉子さん(62)
 障がいや病などに向き合うドキュメンタリー映画を撮ってきた貞末麻哉子さん(62)の最新作は、「普通に死ぬ~いのちの自立~」というタイトル。前作とあわせて13年に及ぶ撮影の中で、貞末さんが感じた「普通」とは……。
 重い障がいがある子どもも、その親も、地域で人とかかわりあいながら「普通」に生き、死ぬ。そんな試みを追ったドキュメンタリー映画「普通に死ぬ~いのちの自立~」が公開中だ。
 2011年公開の「普通に生きる」では、医療的ケアが必要な子どもも地域で暮らせるよう、親たちが静岡県に設けた通所施設の5年間を追った。「普通に死ぬ」はその後8年の記録で、子を支えてきた親が病に倒れた後の、家族や支援者の葛藤と模索を描いた。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2020 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.