MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

「核のごみ」北海道・滝上町で勉強会 「地盤調査を」

朝日新聞デジタル - 10月18日(日) 7時0分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 「核のごみ(原発から出る高レベル放射性廃棄物)」の最終処分場をめぐり、北海道滝上(たきのうえ)町で17日、町民有志が勉強会を開いた。会合には、国とともに処分場の選定を進める原子力発電環境整備機構(NUMO)の担当者が講師として招かれ、核のごみを地下深くに埋める地層処分や処分場の選定プロセスについて説明した。
 勉強会は「西紋地域エネルギー問題を考える有志の会」が主催した。同会によると、寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村が、核のごみの最終処分場選定プロセスの第1段階「文献調査」へ向けて動き始めたことがきっかけだという。滝上町でも文献調査などについての知識を得るため、NUMOから講師を招いて勉強会を行うことにしたという。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2020 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.