MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

和歌山の医師と患者感染、院内は否定 「調査には限度」

朝日新聞デジタル - 2月14日(金) 22時49分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 新型コロナウイルスに感染したことが14日に確認された和歌山県の70代の男性は、先に感染が確認された男性外科医の勤務先・済生会有田病院(和歌山県湯浅町)で受診、入院していた。
 「院内感染の認識は今はない」。14日朝、県庁で会見した仁坂吉伸知事は、きっぱり否定した。男性が肺炎で同病院に入院したのが2月6日。容体が回復せずに13日に転院していた。外科医が勤務したのは5日までで、その後休んでいた。知事は「時系列で考えても院内ですれ違うこともない」と強調した。
 ただ、外科医の同僚や患者に肺炎の症状があり、院内感染を完全に否定するのは難しい。県は、外科医の同僚1人と患者2人の3人について検査を急いでいる。
 そのほかの同僚らについても検査を進めるとしているが、県によると、14日午後時点の入院患者は158人。医師9人を含む看護師ら常勤職員は約240人いる。「調べるには限度がある」とも話した。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2020 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.