MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

ニュースアプリも自民とコラボ 参院選前に異例

朝日新聞デジタル - 6月12日(水) 15時0分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 スマートフォンのニュースアプリを展開するグノシーは10日から、自民党とコラボレーションしたライブ動画配信を始めた。講談社の女性ファッション誌「ViVi」も10日、自民党との広告企画記事を掲載。政権与党が参院選前にさまざまなメディアと組む異例の事態となっている。
 グノシーはニュースアプリ内でライブ動画の配信を行っている。自民党との企画は「日本政治王決定戦」と題し、政治に関わるクイズを1日5問、1週間続けて出題する。7日間の合計35問の中で最も正解数の多かったユーザー1人に、安倍晋三首相からのビデオレターをプレゼントする。
 7日間を通じて参加したユーザーには、抽選で賞品をプレゼントすることも予定している。最終日には元宮崎県知事の東国原英夫氏も出演する予定。
 今回の企画は、自民党が参院選で若者を取り込む狙いで5月から始めた広報戦略プロジェクト「#自民党2019」の一環。
 同プロジェクトではすでに、安倍首相と10代のダンサーやアーティストらが共演する映像を、東京・渋谷のスクランブル交差点などで放映。人気ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる画家の天野喜孝氏が手がけた、安倍首相をモチーフとした侍のイラストも公開した。ファッション誌「ViVi」との企画も同じ一連のプロジェクトだ。
 スマートフォンのニュースアプリはグノシーのほか、「ヤフーニュース」「スマートニュース」「LINE(ライン)ニュース」がある。各社はニュースに加え、賞金クイズやクーポン、ドラマ配信でサイトの利用拡大を競っている。
 グノシー広報は朝日新聞の取材に対し、「個別の質問に対する回答はいたしかねるが、本企画は視聴者の皆様に政治全般に関心を持っていただけるような場を提供できないかという思いから実施しており、政治的な意図や背景はない」と書面で回答した。「政治的な意図や背景はない」という意味について朝日新聞が重ねてたずねたところ、「特定の政党をサポートする意味はない」と書面で回答した。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2019 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.