MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

藤井七段、棋王戦の予選で牧野五段に勝利

朝日新聞デジタル - 5月16日(木) 2時22分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(16)が15日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第45期棋王戦(共同通信社主催)の予選で牧野光則五段(31)に139手で勝った。本戦トーナメント進出をかけ、都成(となり)竜馬(りゅうま)五段(29)と対戦する。
 対局は午前10時に始まり、午後8時8分に終局。勝った藤井七段は「序盤から力戦型だったんですが、途中、こちらから動くのが難しい形になってしまい、先手番としては、いまひとつな展開になってしまったのかな、と思っていました。本譜は強く打開されて、その後も、こちらの玉がずっと薄い形が続いたので、きわどい将棋だったのかな、という気がします。棋王戦は過去2回はいずれも本戦の1回戦で敗れていますので、今期は、それより、もっと上を目指せたら、と思っています」。敗れた牧野五段は「千日手か、打開するか、という感じだったんですが、打開は無理だったんですかね」と話した。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2019 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.