MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

最年少プロ棋士になる仲邑菫さん、大阪で1日警察署長

朝日新聞デジタル - 1月12日(土) 11時4分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 4月に史上最年少で囲碁のプロ棋士となる大阪市此花区の小学4年生、仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)が12日、大阪府警此花署の一日署長を務めた。警察官の制服に身を包んだ仲邑さんは、照れくさそうな笑顔で荒武泰子署長から委嘱状を受け取った。
 近くの公園で開かれた防犯キャンペーンにも出席。壇上で特殊詐欺防止のチラシを掲げて「おじいちゃん、おばあちゃん、だまされないで」と呼びかけ、その後、集まった人々にチラシを配った。
 仲邑さんは3歳で囲碁を覚え、7歳から囲碁強豪国の韓国で修業を積んだ。今月、日本棋院が新設した小学生までの採用制度「英才特別採用推薦棋士」の第1号としてプロ入りが発表された。(国方萌乃)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2019 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.