MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

はやぶさ2、リュウグウで自撮り 着陸へリハーサル終了

朝日新聞デジタル - 11月9日(金) 8時20分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への着陸に向けたリハーサルを終了したと発表した。今後、着陸の詳細な方法を検討し、年内にも着陸の時期を決めるという。
 リハーサルはこれまで3回実施。直近となる10月下旬のリハーサルでは、高度12メートルまで接近。着陸候補地(半径10メートル)の中心をめざして落下させた目印の「ターゲットマーカー(TM)」は、中心点から15・4メートル離れた場所に落ちていることがわかった。「本当は円内に落としたかったので少し残念」とミッションマネジャーの吉川真准教授は話す。
 ただ、TMを目印にして円内に精度よく誘導させることも可能だといい、今後、予備のTMを落とすかどうかを含めて着陸方法を検討するという。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2018 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.