MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

津波から7年、生々しい傷痕 岩手・大槌町旧庁舎が公開

朝日新聞デジタル - 6月13日(水) 20時11分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 東日本大震災で職員多数が犠牲になった岩手県大槌(おおつち)町の旧庁舎内部が13日、報道陣に公開された。7年たった今も内壁や床、天井には津波の直撃を受けた生々しい傷痕があり、波にのまれ、止まったままの時計も残されていた。
 当時、庁舎前で災害対策本部の準備をしていた職員20人と庁舎内にいた8人の計28人が津波に襲われ、亡くなった。庁舎内から屋上に逃れて助かった人も23人いた。屋上に上るハシゴは今も残っていた。
 町は旧庁舎の解体を決め、来週にも本格的な工事を始める予定だが、亡くなった職員の遺族らが11日、「検証が終わっていない」と解体差し止めの仮処分を申し立てている。(本田雅和)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2018 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.