MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

社会

日光の杉並木、7割が衰えや枯死 特別天然記念物

朝日新聞デジタル - 1月14日(日) 13時34分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 国の特別史跡と特別天然記念物に二重指定されている日光杉並木街道の緊急調査で、7割の木が「衰退・やや衰退」「ほぼ枯死」と判定され老朽化が進んでいることが12日、わかった。倒木につながる「特に注意すべき」「重度」の要因があるとされた木も3割近くに達した。
 保存管理計画を約半世紀ぶりに見直すための栃木県教委の策定委員会(委員長=谷本丈夫・宇都宮大名誉教授)が12日、宇都宮市で開かれ、日光、例幣使、会津西の3街道の並木杉計1万2152本を15〜17年度に調べた結果の概要が示された。
 樹勢の衰退度の調査では、「やや衰退」が7088本と全体の58・3%を占め、「やや良好」3680本、「衰退」1122本、「ほぼ枯死」204本と続いた。00〜01年度に今回より538本多い1万2690本を調べた際は「やや良好」「やや衰退」が45%前後で並んでおり、衰退の進行を裏付けた。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2018 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.