MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

インタビュー

お天気情報

スポーツニュース

科学・宇宙

謎の深海魚、水族館で展示中 客は「未知を感じる」

朝日新聞デジタル - 5月3日(月) 18時10分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 黒い体に頭から飛び出した突起物——。珍しい深海魚の標本が、仙台うみの杜水族館(仙台市宮城野区)に展示されている。
 標本は、キタチョウチンアンコウ。水族館によると、体長約20センチで、メスとみられる。3月初旬、金華山沖で漁師が水揚げした。特徴的な頭の突起で、エサの小魚などをおびき寄せると考えられているが、生息域や生態などは不明。世界で5例目だが、泳いでいる姿を捉えた映像は確認されていないという。
 同館魚類担当の大谷明範さん(40)は「謎に包まれた魚が身近な宮城県沖にもいた。ぜひ想像を膨らませてみてほしい」。標本を前にした石巻市の女性(34)は「奇妙な魚。未知を感じました」と興味深げに見ていた。(武井風花)

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2021 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.