MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

インタビュー

お天気情報

スポーツニュース

科学・宇宙

野口さん「全集中で乗り切った」 民間宇宙船ISS到着

朝日新聞デジタル - 11月17日(火) 17時0分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 日本の野口聡一宇宙飛行士(55)らが搭乗する米スペースX社の新型有人宇宙船クルードラゴンが日本時間17日午後1時ごろ、国際宇宙ステーション(ISS)に到着した。民間開発の宇宙船による初の運用飛行で無事4人の飛行士をISSまで送り届けた。
 クルードラゴンには野口さんと米航空宇宙局(NASA)の飛行士3人が乗りこみ、同16日午前9時半ごろ、米南部フロリダ州のケネディ宇宙センターからファルコン9ロケットで打ち上げられた。
 打ち上げ直前には扉についた小さなゴミが原因で、宇宙船の気密低下が見つかって開閉をやり直したり、打ち上げ後には宇宙船の推進剤のヒーターに不具合が見つかったりといったトラブルがあったが回復した。約27時間半の飛行後、上空約400キロのISSに到着し、ドッキング。野口さんらはISSの中に入った。
 野口さんは「民間宇宙船のドッキング成功に立ち会えてとても幸せ。訓練の間、そして打ち上がった後も困難な状況に直面したが、全集中で乗り切った。これから半年間の宇宙滞在でも皆さんと感動を分かち合いましょう」と話した。「全集中」は人気漫画「鬼滅の刃(やいば)」に出てくるセリフだ。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2020 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.