MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

政治

公明・石井氏「9条を変えなければ何かできない、ということはない」

朝日新聞デジタル - 5月13日(金) 18時18分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 公明党の石井啓一幹事長は13日の記者会見で、憲法9条の改正は現時点で必要ないとの認識を示した。12日の衆院憲法審査会の自由討議で9条をめぐる議論がおこなわれ、自民が9条に自衛隊を明記する憲法改正について「最優先で取り組むべき課題」と訴えたことに、クギを刺した形だ。
 石井氏は、第2次安倍政権のもとで集団的自衛権の限定的な行使を認める憲法解釈の変更をしたことを踏まえ、「9条の専守防衛という枠の中で、日米の安全保障に関する信頼関係を強化した」と強調した。そのうえで、「現時点で、9条を変えなければ何かできない、ということはない」と述べた。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2022 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.