MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

政治

河村元官房長官、引退の意向「保守分裂は自民に良くない」 山口3区

朝日新聞デジタル - 10月14日(木) 10時36分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 自民党二階派の河村建夫元官房長官(78)=山口3区=が14日、次期衆院選に立候補せず引退する意向を固めた。山口3区には、参院議員を8月に辞職した岸田派の林芳正元文部科学相(60)がくら替えを表明しており、ベテラン同士による保守分裂選挙の可能性が高まっていた。
 河村氏は朝日新聞の取材に「保守分裂が起きては、自民党にとって良くないと判断した」と語った。同選挙区をめぐっては、13日に甘利明幹事長と遠藤利明選挙対策委員長が河村、林両氏とそれぞれ協議するなど調整が続いていた。
 甘利氏らは、河村氏に対して長男の建一氏(45)を比例中国ブロックで処遇する案を伝えている。
 河村氏は山口県議を経て1990年の衆院選で初当選。麻生政権で官房長官などを務めた。(伊藤宏樹、明楽麻子)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2021 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.