MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

政治

「令和」の墨書、再来年にも公開 要望受け対応急ぐ方針

朝日新聞デジタル - 5月15日(水) 12時50分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、新元号「令和」を発表した際に自らが掲げた墨書について、「なるべく短い保存期間で国立公文書館に移管し、国民の皆さんにご覧いただく方向で検討していると聞いている」と述べた。早ければ再来年の春にも国立公文書館で公開される。
 公文書管理法などの規定では、歴史的な公文書は最短1年から最長30年の保存期間を経て、国立公文書館に移管する。「令和」の墨書をめぐっては、全国から公開や貸し出しを求める声が多数寄せられており、政府は保存期間の起算日となる来年4月1日から最短の1年間、内閣府で保管し、翌2021年4月に国立公文書館に移して公開する方針だ。
 また、菅氏は近く墨書のレプリカを作製する考えも表明。国立公文書館などで展示を検討するという。(安倍龍太郎)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2019 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.