MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

政治

トランプ氏拉致提起「本当か検証できぬ」 維新・馬場氏

朝日新聞デジタル - 6月13日(水) 15時20分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

■日本維新の会・馬場伸幸幹事長(発言録)
 米朝首脳会談、成功か失敗か問われるとどちらとも言えない。拉致被害者の帰国も、トランプ大統領の記者会見では「しっかり言いましたよ」と言っていたが、本当に言ったかどうかは検証ができない。初めて会った人間に、私自身もそうだが、あまりごちゃごちゃ色んなことを言うか。恐らく、一つ一つのテーマに細かい話し合いがあったとは思えない。
 トランプ氏は拉致も今後しっかり交渉すると言っていたが、私は反対だ。北朝鮮が拉致について交渉するのであれば、交渉するのは日本国でなければならない。トランプ氏にキャスティングボートを渡してしまって、こちらの意思と違う結果になっても、一度任せてしまえば変更できないことにもなりかねない。拉致は個別にバイ(1対1)で交渉すべきだ。(定例記者会見で)

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2018 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.