MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

政治

安倍首相が自民総裁に連続3選(全文1)森友加計問題、求めあれば丁寧に説明

THE PAGE - 9月20日(木) 21時6分

拡大写真

(THE PAGE)

 自民党総裁選は20日午後1時から投開票が行われ、安倍晋三首相(党総裁)が計553票を獲得し、連続3選を果たした。石破茂元幹事長は計254票と善戦した。

 20日は自民党本部で国会議員(計405票)による投票が行われ、既に締め切られた党員・党友によるいわゆる地方票(計405票)と合わせて開票された。それぞれ405票ずつの計810票で争われたが、このうち議員票の有効投票数は402票だったため過半数は404票となり、安倍首相が新総裁に選出された。

 総裁選終了後の午後6時から安倍首相が記者会見を行い、全世代型の社会保障改革、戦後日本外交の総決算、そして憲法改正に取り組む意向をあらためて示した。

 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「【中継録画】自民総裁選 安倍首相が石破氏を破り連続3選 憲法改正に意欲 」に対応しております。

全国で防災、天災、国土強靭化のための緊急対策を3年間で集中的に実施する

後藤:ただ今より今回の総裁選挙で当選を果たした安倍晋三総裁の記者会見を行います。私、司会を務めます、報道局長の衆議院議員、後藤茂之でございます。最初に安倍晋三総裁よりごあいさつを申し上げたのち、平河クラブ幹事社による代表質問を3問、その後時間の範囲内で平河クラブ加盟者からの質問をお受けいたします。なお、会見の所要時間は30分とさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。それでは安倍晋三総裁お願いいたします。

安倍:先ほど総裁選挙が終了し、あと3年、自由民主党の総裁の重責を担うこととなりました。大変身の引き締まる思いであります。まず私の訴えに対して力強いご支持をいただいた全ての同僚議員、そして党員、党友の皆さまにあらためて御礼を申し上げたいと思います。

 特に全国の党員、党友の皆さまからは前回、6年前の総裁選挙の2.5倍、35万票を上回る得票をいただくことができました。これまで6年間にわたる経済政策、外交、安全保障政策の実績の上に、さらに3年間、この誇りある自由民主党を率い、引き続き国家、国民のため、強力なリーダーシップを発揮せよと力強く背中を押していただいたものと考えています。

 ただちに仕事に取り掛からなければなりません。北海道胆振東部地震、台風21号、大阪北部地震、そして西日本豪雨、この夏は自然災害が相次ぎ、列島に甚大な被害をもたらしました。それぞれの被災地では多くの皆さんが今なお、大変な困難に直面しておられます。総裁選挙の期間中も政府として予備費の執行など、何よりも災害対応を第一に取り組んできたところでありますが、1日も早い生活再建、なりわいの復興に向けて北海道全域で宿泊料金の割引を速やかに実施するなど、取り組みをさらに加速しなければなりません。併せてこの夏は猛暑による熱中症も相次ぐなど、全国の皆さんが近年の急激な気性の変化、それに伴う自然災害の増加に大きな不安を抱えておられます。

 この総裁選挙でも全国で防災、天災、国土強靭化のための緊急対策を3年間で集中的に実施することをお約束させていただきました。強靭なふるさとづくりは待ったなしの課題です。ただちに着手いたします。被災地の復興を加速することと併せ、小中学校へのクーラー設置やブロック塀の安全対策など急を要する対策について、来たる臨時国会に補正予算を提出する考えであります。速やかに編成作業を開始します。

週明けからは外交も始動

 週明けから外交も早速始動いたします。国連総会に出席するためにニューヨークに向かいます。世界の首脳たちが集うこの機会を生かし、注意を俯瞰する視点で積極的な外交を展開する考えであります。トランプ大統領とも日米首脳会談も行う予定です。FFR協議が進む中で、日米の通商関係の未来について、また世界の新しいルールづくりに向けて日米両国が果たすべき役割についても大いに議論したいと考えています。

 来月の私の中国訪問に向けた調整も進んでいます。その先には東アジアサミット、APEC、そしてアルゼンチンでのG20サミット。こうした機会を生かし、ロシアのプーチン大統領とも首脳会談を重ねていきたいと考えています。さらには、国際社会との連携の下に北朝鮮の核ミサイル、そして何よりも重要な拉致問題の解決に向けて、次は私自身が金正恩委員長と向き合わなければならないと考えています。

 戦後日本外交の総決算を行っていく。そしてアジア太平洋からインド洋に至る広大な地域に、新しい時代の平和と繁栄の礎を築く。わが国として世界の真ん中で強いリーダーシップを発揮していく考えです。

 年が明ければ歴史的な皇位の継承が行われます。そのあとには世界の主要な国々のリーダーを日本に招き、わが国が初めてG20サミットの議長国を務めます。その翌年には東京オリンピック・パラリンピック、まさに歴史の大きな転換点になって、日本の明日を切り開いていく。私はその先頭に立つ決意であります。

 国難とも呼ぶべき少子高齢化に立ち向かい、激動する国際情勢の荒波に立ち向かっていく。そして70年以上一度も実現してこなかった憲法改正にいよいよ挑戦し、平成のその先の時代に向かって新しい国造りに挑んでいきます。そのスタートに当たって、国連総会から戻り次第党役員人事、内閣改造を行う考えであります。未来を見据えた国造りという大事業に当たっては、できるだけ幅広い人材に活躍のチャンスをつくりたいと考えています。

現職の総理大臣が総裁選挙に臨むのは15年ぶり

 さて、現職の総理大臣が総裁選挙に臨むのは15年ぶりのことでありました。2003年の小泉総理の総裁選で、私は小泉陣営の対策本部で全力を尽くしておりましたが、得票は60%にとどまりました。本当に厳しい選挙でした。99年の小渕総理の得票も68%。現職総理だからといって楽な選挙など決してありません。しかし、今回はこうした過去の例を上回る、全体で7割近い得票をいただくことができました。これは私にとって大きな力であります。あらためて感謝を申し上げたいと思います。皆さんの支持こそが政策の推進力であり、リーダーシップの源流であります。そのことを私はこれまで5回の国政選挙において痛感してまいりました。

 集団的自衛権の一部行使を含む平和安全法制、消費税の使い道の見直しによる教育無償化。国論を二分するような改革も国政選挙で国民の皆さまに信を問い、支持を得ることで実現することができた。これこそ民主主義の神髄、民主主義のダイナミズムであります。

 全ての世代が安心できる社会保障改革。戦後日本外交の総決算。そして制定以来、初めての憲法改正。いずれも実現は容易なことではない。いばらの道であります。党内の議論も他の政党との調整も一筋縄ではいかないかもしれない。しかし、今回の総裁選挙を通して党内の大きな支持をいただくことができました。これはこれから3年間私が自由民主党総裁として強いリーダーシップを発揮できる、党一丸となって大改革を断行する大きな力になるものと考えます。私からは以上であります。

後藤:ありがとうございました。それでは代表質問に移ります。平河クラブ、幹事社の時事通信、日本テレビ、西日本新聞の方、お願いいたします。どうぞ。

今回の総裁選で3選を果たした一番の要因とは?

時事通信:総裁、お疲れ様でした。幹事社、時事通信の宮澤と申します。まず1点。今回の総裁選で3選を果たした一番の要因はなんだとお考えでしょうか。また総理の政治姿勢に批判的な見解を示しておられました石破候補が国会議員票で73票、党員票で181票、全体で3割を超える得票を得たことを踏まえまして、今後の政権運営をどのように進める方針でしょうか。

 さらに森友・加計学園問題をはじめとする一連の不祥事について、党員から理解を得られたとお考えでしょうか。

安倍:これまでの6年間の経済政策、あるいは外交、安全保障政策について、そうした実績の上にこれから国難とも呼ぶべき少子高齢化に立ち向かっていくということ。そして国際情勢の荒波に立ち向かっていくその中で、戦後外交の総決算を行っていくということ等について具体的な政策を示させていただいたところでございまして、私の訴えに対して力強いご支持をいただいたというふうに考えております。

 選挙はすべからくそうでありますが、選挙に勝利を収めた以上、選挙でお約束をしたことを実行に移していく責任があります。自由民主党というのはいったん選挙で決着が付けば、議論が終結に至ればみんなで協力をして、そこで約束したことを実行に移していく。そのことで長い間、戦後の背骨を背負うことができたんだろうと、こう思っております。自民党は活発な議論を行いますが、いったん結論が出れば実現に全力を尽くす。それが自由民主党の伝統であり矜持だろうと、こう思っています。

 また今回の総裁選挙においても、いわゆるモリカケ問題については、テレビ番組は、あるいは日本記者クラブにおいても大変多くの時間が割かれて、私も説明をさせていただいたところでございます。一度出来上がったイメージを払拭することはそう簡単なことではありませんが、私なりに説明に努力をしてまいりました。その上において、選挙の結果支持を得ることができたと考えております。これからも求められれば丁寧に説明を行っていく考えてあります。

 併せて内閣総理大臣という立場が周囲に与える影響力等にしっかりと留意をしながら、今後も謙虚に丁寧に、そして慎重に政権運営に当たっていきたいと考えております。

【連載】安倍首相が自民党総裁に連続3選 全文2へ続く

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved.