MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

政治

大阪府松井知事が定例会見12月6日(全文1)ネガティブ報道が足引っ張ている

THE PAGE - 12月6日(水) 18時46分

拡大写真

(THE PAGE)

 大阪府の松井一郎知事が6日午後2時から定例会見を行った。

 ※一部、判別できない個所がございますことをご了承ください。

国民健康保険の広域化について

司会:それでは定例記者会見を始めさせていただきます。まず初めに知事から説明があります。よろしくお願いします。

松井:まず国民健康保険の広域化についてです。市町村との協議を踏まえまして、12月1日に大阪府国民健康保険の運営方針を決定いたしました。来年4月から全国的に新しい制度に移行をいたしますが、保険料率や減免の基準など、府県内で統一することを目指すのは全国で大阪府のみです。2016年の保険料は府内の最低で11万円と最高で17万円です。市町村単位の仕組みのままだと高齢化の進展により、2040年には最低は22万円ですが、最高が41万円もの保険料となり、国民健康保険制度を維持できない状態となります。

 ところが府内統一保険料になると2016年の市町村の平均、13万円だったものが〓2014年 00:03:13〓にはどこの市町村も26万円になります。国民健康保険料は国民の生活に直結をするコストであり、とんでもない保険料、高すぎることになるような保険料を〓開始することができます 00:03:27〓。これに伴い個々の市町村が一般財源で保険料を押さえる必要もなくなります。

 運営方針には大きく2つの柱があります。まずは大阪府が財政運営の責任主体になることで規模のメリットを生かします。その上で、オール大阪で保険料率を統一すれば、同じ所得、同じ世帯構成であれば府内どこに住んでも同じ保険料となり、被保険者間の負担の公平性が担保できます。確保できます。これこそが今回の都道府県の国民健康保険を広域化として担う役割だと思っています。

 併せて健康づくりや医療費適正化に取り組む市町村や住民、特に被保険者1人1人の努力が報われる新たな仕組みを検討をしています。保険料率などの統一まで6年間の経過措置期間を設定をし、市町村に改正の趣旨を十分にご説明をし、ご理解をいただき、一般財源を投入しない仕組み、医療費の伸びを抑える仕組みを目指しています。

北朝鮮の人権侵害問題の啓発週間について

 12月の、次に北朝鮮の人権侵害問題の啓発週間についてです。12月の10日から16日は北朝鮮人権侵害問題の啓発週間です。政府が認定した拉致被害者は17人です。その中には当時、大阪で働いていた原敕晁さんも含まれています。そのほかにも拉致の可能性を完全に排除できない人がいます。政府において取り組みが進められる中、政府としても国民の皆さんに関心を持っていただきたいとの考えから、毎年この時期に啓発に取り組んでいます。

 今年度も拉致被害者を取り戻す運動の趣旨に賛同いただいた民間施設を含む府内9施設をシンボルカラーのブルーにライトアップします。また初日の10日にはJR大阪駅5階の時空(とき)の広場で、ブルーリボンキャンペーンを実施いたします。拉致被害者の救出を訴える活動を行っているシンガーソングライターの山口采希さんによるミニコンサート、バイオリニストの五嶋龍さんのビデオメッセージの放映などを行います。さらに来年2月の17日には政府、大阪府、大阪市、府内42市町村共催で、拉致問題を考える国民のつどいin大阪を開催いたします。拉致被害者、家族の方からの訴えや講演を行っていただく予定です。本日から参加者を募集しますのでお申し込みをよろしくお願いします。詳しくは大阪府、大阪市のホームページをご覧ください。

太陽の塔内部の公開日の決定について

 次に太陽の塔内部の公開日の決定についてです。現在改修工事を行っている太陽の塔の内部の公開日を平成30年3月の19日と決定をいたしました。その100日前に当たる今週の末、9日からEXPOCITYの大型モニター等で公開までのカウントダウン表示を含むPR映像を放送します。内部公開は予約制として、1月19日から受け付けをスタートいたします。昨年10月から太陽の塔内部再生事業のために募集した寄付金の11月末現在の申し込み状況は9680万円となり、目標の1億円まであと一息となっております。ご寄付いただいた皆さんには心より感謝を申し上げます。なお一定額以上の寄付をいただいた方には12月の22日から内部公開の先行予約ができます。寄付を受け付けているので、ぜひご協力をお願いします。

 最後にこのあと15時30分から、公民連携の一環として大阪大学と包括連携協定を締結いたします。大学との締結は今回初めてであります。大阪大学の持つ知的財産とネットワークを活用し、新産業創出に向けた取り組みや、女性の活躍の推進に向けた機運醸成、学生に向けた府内企業の魅力発信などにご協力をいただきます。締結式には私も出席をしますので、ぜひ積極的な取材をよろしくお願いをいたします。僕からは以上です。

司会:それではご質問をお受けしたいと思います。まず初めに幹事社の朝日放送の〓フジタ 00:08:37〓さん、よろしくお願いします。
朝日放送:幹事社ABCのフジタです。よろしくお願いします。北朝鮮の人権侵害問題啓発に絡んで、北朝鮮の拉致問題の今後の進展の期待というのをお聞かせ願えますでしょうか。

松井:いやもう、期待というか、もうね、ご家族が一番期待しているでしょうし、日本国民全てがそれは期待していますよ。でも遅々として進まんということです。そもそも国交もないですしね。今の金正恩さん、ちょっとわれわれの常識では測れないような行動も起こしているしね。ただでも、諦めるわけにはいきませんので、大阪府と大阪市は短波放送でね、僕や吉村市長も『しおかぜ』で訴えてはいてますけど、とにかくなんとか、国際社会から孤立しては生活できないことをね、思い知らせるようなことをして、そこで交渉をするしかないと思っています。これはやっぱり一義的には政府が担う仕事だと思っていますので、われわれはやっぱり拉致を忘れない。そういう運動を続けていくということがわれわれの使命かなと思っています。

BIEのケルケンツェス事務局次長の視察について

朝日放送:ありがとうございました。あとはこれ、会見項目とは別になるんですけど、BIEのケルケンツェス事務局次長がいらっしゃるということで、今日も大阪府のほうに表敬訪問に来られるということなんですけども、あしたもいろいろ視察に回られるということですけども、意気込みとか狙いっていうのをちょっとあらためて教えていただけますでしょうか。

松井:いや、もう大阪がね、万博を開催するに一番ふさわしい、今、立候補している中でね、一番ふさわしい都市であるということを実感していただきたいけどね。大阪、東京とも少し違うホスピタリティーがあふれているというようなところを事務局次長に感じていただければと思っています。

朝日放送:きのうも東京のほうで意見交換会をされて、国内の機運っていうのがどれぐらい盛り上がっているのかというところが非常に大きなポイントだというようなアドバイスをされたと思うんですけれども、これを受けて、今後の誘致活動の戦略などにどういうような影響がありそうでしょうか。

松井:いや、影響というか、もうわれわれがやるべきことは手を抜かず、全力を尽くしているつもりですから、あとはABCの番組でネガティブな報道をされなければ余計いいかなと思っていますけどね。いまさら万博かとかね。なんでそこまでネガティブに報道されるのかなと思って、あれがやっぱり一番機運醸成を阻害している原因かなと思っています。

朝日放送:いや、うち、そんな報道はしていないですし、〓ゼ** 00:11:39〓で、僕個人的にはいいなと思っているんですけど。

松井:そうそう、個人的に、木原や、木原さん。

朝日放送:木原もそんなね。

松井:コメンテーター。

朝日放送:〓そういうのも 00:11:46〓言っている人もいますけど。

松井:あれが一番、機運醸成の足を引っ張っているね。

朝日放送:ちなみにケルケンツェスさんからのアドバイスを受けて、もっとこうしていこうとかっていうのよりは、これまでやってきたことを続けていこうという。

松井:いや、だから万博応援団もね、これは今17万まできていますから、応援団登録も、これは伸びてきているのでね、これをやっぱり続けていくことが大事だと、こう思っています。

朝日放送:ありがとうございます。幹事社からは以上です。

【連載】大阪府・松井一郎知事が定例会見2017年12月6日 全文2へ続く

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved.