MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

ライフスタイル

ジメジメ時期にこそおすすめ!風通しを意識した吊るす収納

ジメジメ時期にこそおすすめ!風通しを意識した吊るす収納

daysy - 6月8日(土)

こんにちは!3児の母兼整理収納アドバイザーのサチです。 じめじめとした季節がやってきましたね。 湿度によるカビ発生の心配もあるこの時期はできるだけ風通しよくしたいもの。 今回は、カビやぬめり発生が心配される場所におすすめしたい、吊るす収納を一挙公開します!

菌の温床、キッチンの布巾こそ開放的に

毎日の台ふきや食器ふきに欠かせないキッチンの布巾。
生活感が溢れてしまうため、冷蔵庫と壁のすき間などに隠しつつ収納されている方も少なくないのでは?
でも布巾は菌の温床。できるだけ風通しの良い箇所に、吊るす収納がおすすめです。
一番のおすすめはレンジフードでのマグネットフック収納。
エアコンや扇風機で空気が循環できる場所であれば、菌が繁殖する前に乾きます。

使ったバスタオルは洗濯直前まで空気に触れさせて


身体を拭いたバスタオル、そのまま洗濯機へ放り込みたい衝動はぐっと抑えて、とりあえず吊るしましょう。
じめじめとした季節は洗濯物の生乾きが悩ましいですよね。
使ったタオル類はすぐに洗濯機へ入れず、洗濯前まで吊るしておくと菌の発生を抑えられます。
フックの設置が難しい場合は、洗濯カゴなどにふんわり掛けておくだけでもOK。
できるだけ洗濯直前まで空気に触れさせておくようにしておきたいですね。

水周りは浮かして予防掃除


水周りはよほど頑張らないとぬめりは防げません。
ぬめり予防で一番の特効薬は、やはりモノを吊るすなどして浮かすこと。
例えば洗面台は、歯ブラシとコップを浮かすだけで、ぬめりとは無縁になります。
もの同士の接触面をいかに最小限にするかが、カビやぬめりを防ぐ鍵。
収納用品に頼って予防掃除を徹底すれば、水周りの掃除が驚くほどラクになります。

玄関大渋滞を防ぐ、おすすめの吊るす収納

家族の傘が玄関を占拠してしまう……。この時期の玄関あるあるですね。
靴やスリッパや雨靴に加えて、傘まで出てくると玄関は大渋滞!
そこでおすすめなのが、玄関ドアにマグネットフックをつけての吊るす収納法。
この収納のメリットは、玄関内に傘立てを置かなくてすむため、かぎられたスペースを最大限に使えるというところです。
傘立ての中で傘と傘が干渉しあうこともないので、風通しがよいという点でも優秀!
最近は、100円ショップでも強力なマグネットフックを手に入れられるので
手軽なマグネトフックを使っての省スペース収納、ぜひお試しください。

家事の面でも収納の面でも何かと厄介な時期ですが、収納の工夫で、そのもやもやを最小限に抑えることはできます。収納の力を借りて、このジメジメとした嫌な時期を上手に乗り切りましょう!

(2019/06/08)
 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
©Copyright daysy All rights reserved.