MY J:COM

確認・変更・お手続き
  • 最新

最新ニュース

エンタメニュース

インタビュー

レシピ

作り置きにも便利なヘルシー料理「麹納豆」って知ってる?

作り置きにも便利なヘルシー料理「麹納豆」って知ってる?

daysy - 7月10日(水)

麹(こうじ)納豆をご存じですか?発酵食品のコラボ、納豆と麹を合わせた料理で10日ほど保存可能です。少し甘めの味付けで一味違った納豆が楽しめる上に、身体にも良いのでとってもお勧め。今回はその作り方をご紹介します。

ここがすごいよ!麹納豆

米麹と納豆、発酵食品を2つ使っているので、当然味だけでなく身体にも良い麹納豆。「発酵食品は腸内環境を整える」というのはイメージとして定着していると思いますが、具体的には、納豆には血液をサラサラにしたり血栓を溶かす作用があるので、高血圧や脳梗塞、心筋梗塞など血管トラブルの予防になります。

また、大豆由来のイソフラボンや食物繊維が女性の大敵・骨粗鬆症や便秘にも有効!また麹には、消化分解酵素が含まれていたり、ビタミンB群を作り出す作用があったりするので、これまた整腸作用や美肌づくりを期待できます。

麹と納豆、それぞれが持つ栄養・効能が合わさり、腸内だけでなく血液や肌の調子も整え、病気の予防にもつながるとなれば、試さずにはいられないですよね。

材料と作り方をご紹介!

材料
・米麹 100g~120g
・納豆 120g
・醤油 70g
・みりん 70g
・にんじん 1/2本
・ひじき 適量
・ごま 適量

作り方
1. 醤油、みりん、千切りにしたにんじん、水で戻したひじきを鍋に入れてひと煮立ちさせる
2. 火を止めてから米麹を入れる
3. 粗熱がとれたら、納豆と混ぜる
4. 米麹が柔らかくなるまで一晩常温で寝かせる
5. 冷蔵で約10日保存可能

にんじんとひじきは彩りの要素が強いので、どうしても入れなければならない材料ではないです。我が家ではひじきをよく使っていますが、切り昆布を入れたり海苔を散らしたりしても良いですね。

家族の評判は?

これまで納豆を進んで食べなかった長男が「これはおいしい。今度からこれ常備して!」というほど気に入ったのが、我が家で一番の変化でした。もともと納豆が好きだった次男も競い合うように食べるので、一度に上記レシピの倍量を作って、1週間ほどもたせるのが定番になっています。

夫は「自分にはちょっと甘いなぁ」と言いながらまんざらでもない様子。私自身はもともと便秘ではないものの麹納豆を食べるとさらに快便になるため、健康効果も期待しながら継続しています。

我が家ではたいていご飯にのせて食べていますが、うどんやそうめんなどの麺類にトッピングしたり、もろきゅうのように、キュウリや生野菜などと合わせておつまみにしたりしても良さそう!納豆の粘り気でツルツルっと食べられるので、食欲がないときにもお勧めです。

(2019/07/10)
 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
©Copyright daysy All rights reserved.