MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

国際

オミクロン株を最初に発見の州、感染の「第4波」脱する 南アフリカ

朝日新聞デジタル - 1月14日(金) 21時30分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 南アフリカのパーツァ保健相は14日、首都プレトリアや最大都市ヨハネスブルクを含むハウテン州が、新型コロナウイルスのオミクロン株による「第4波」を脱したと、オンライン会見で明らかにした。また、国内の他の8州すべてで感染の波のピークを越えたとも説明した。
 ハウテン州では昨年11月にオミクロン株が最初に発見され、感染拡大もこの州から始まっていた。南ア国立伝染病研究所(NICD)によると、国内の1日あたりの感染者数は12月15日に2万6976人(陽性率32・2%)と最多を記録したが、今月13日には5920人(同14・3%)まで減少している。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2022 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.