MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

国際

中国ワクチン接種の受刑者死亡 バーレーンで抗議デモ

朝日新聞デジタル - 6月11日(金) 9時0分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 中東バーレーンで、ワクチンを接種済みだった受刑者の男性(48)が新型コロナウイルスに感染して死亡し、政府に責任があるとして反政府デモが起きた。AP通信などが伝えた。国王が強権を握るバーレーンで、政府への批判が大規模な反政府デモに発展するのは異例だ。
 バーレーンの国営通信によると、刑務所に収監されていた男性は新型コロナに感染。ここ数日、人工呼吸器が必要な状況だったといい、健康省の監督下の医療施設で治療を受けていたが、9日朝に死亡した。新型コロナのワクチンは2月と3月に計2回、接種を済ませていたという。
 AP通信は、経緯を知る人権団体の話として、接種したのは中国のシノファーム製のワクチンだったと伝えている。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2021 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.