MY J:COM

確認・変更・お手続き

平昌五輪ニュース

最新ニュース

スポーツニュース

インタビュー

お天気情報

国際

韓国、五輪で米朝対話に失敗 ペンス・与正氏ともに拒否

朝日新聞デジタル - 2月13日(火) 7時24分

拡大写真

(朝日新聞デジタル)

 韓国政府が平昌(ピョンチャン)冬季五輪を機に訪韓したペンス米副大統領と、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の実妹、金与正(キムヨジョン)氏との会談を模索していた。複数のソウルの情報関係筋が明らかにした。だが、米朝ともに拒み、「南北対話を米朝対話に結びつける」とした韓国の戦略は不発に終わった。
 関係筋によれば、韓国はペンス、金与正両氏がソウルに滞在する機会を利用。10日午後にも両氏が会談できるよう調整に乗り出した。文在寅(ムンジェイン)大統領は8日のペンス氏との会談で「北朝鮮は米国との対話を望んでいる」と主張。10日昼の与正氏らとの会談では「米国との対話をより積極的に進めてほしい」と訴えた。
 韓国大統領府は当初、江原道江陵(カンウォンドカンヌン)で10日夜にあった女子アイスホッケー南北合同チームの試合について、「金与正氏は行かない。ソウルに滞在中の三池淵(サムジヨン)管弦楽団を激励する」と説明していた。このタイミングを利用して米朝対話を模索したとみられる。

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright 2018 Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.