最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

音楽

エミネム、BET Hip-Hop Awardsでトランプ大統領を猛批判するフリースタイルを披露!

MTVJAPAN - 10月12日(木) 11時3分

拡大写真
YouTube (MTVJAPAN)

今からおよそ1年前に、当時は共和党からの候補者として大統領選に挑んでいたドナルド・トランプと彼の支援者たちを痛烈に批判する、8分間の超大作「Campaign Speech」をリリースしたラッパーのエミネム。今年に入ってからもビッグ・ショーンの「No Favors」にフィーチャーアーティストとして参加、「トランプはビッチだ / 俺はあいつの名のもとにあるものはなんであろうと全部沈めてやる」と歌詞にもあるように、自身が"アンチ・トランプ派"であることを世界中に知らしめてきた。

そして10月10日(現地時間)、アメリカで開催された「BET Hip-Hop Awards 2017」の授賞式に姿を現したエミネムはフリースタイルのパフォーマンスの中で、何があろうとその姿勢が覆ることはないと証明した。

デトロイトにあるとある立体駐車場で撮影された、エミネムが「The Storm」と呼ぶフリースタイル動画は授賞式で公開されたもので、現在のアメリカ政府の状態についてエミネムが自身の意見を感情的に主張している。
「こりゃもう、信じられないくらいに熱いコーヒー・ポットだぜ / ドナルド・トランプにかけてやろうか? / いや、ひとまずやめておくか / でもな、もっとまともな計画が思いつくまではこれが今俺が考えてることだ」と、挑発的な言葉からフリースタイルは始まる。

それからもエミネムは、これまでトランプがいかに人種差別主義者たちをつけあがらせてきたか、そして国歌斉唱中に膝をついたNFLの選手たちに対し嫌悪感を見せたトランプは、一方で命を懸けて国のために戦う米兵たちを軽蔑するコメントを平気で発言する、偽の愛国者だと批判。

フリースタイルの終盤には、自身のファンの中でトランプの卑劣な言動を目撃しながらもいまだにトランプを支援し続ける人々に向けてメッセージを発信。
「俺のファンの中であいつを応援しているやつら、いいか、俺は地面に境界線を引いてやる。そっちにつくのかこっちに来るのかはお前たち次第だ。もしも自分がどちらの味方になるべきか決めきれてないのであれば、こう言ってやるよ:ファックユー!」と、強気な姿勢を見せた。

同ビデオが公開されてから、インターネットは瞬く間にこの話題で持ちきりに。水曜日にアップされてから今まで、YouTubeでの再生回数は1,500万回を超え、サイト内のトレンド動画1位になっている。また、フリースタイル内に名指しで登場したアメフト選手のコリン・キャパニックや、最近トランプに「ケツ野郎」と呼ばれたバスケットボール選手のレブロン・ジェームズは、エミネムの意見を支持するコメントをツイートしていた。

MTV NEWS

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/Copyright(C)Wordleaf Corporation. All Rights Reserved./© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。