MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

文化・芸能

城島茂 ものまね番組に出てくる審査員の「あるある」を語る「僕もウソくせえな、と」

スポニチアネックス - 1月14日(金) 23時10分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 TOKIOの城島茂(51)が13日夜、メインパーソナリティーを務めるMBSラジオ「アッパレやってまーす!」(月〜木曜後11・30)に出演。ものまね番組の審査員を務めた時のエピソードを紹介した。
 番組では、リスナーから届いた「なぜ、ものまね番組の審査員はあんなにリアクションが大きいんですか」という投稿からトークを展開。城島が「僕も以前、ものまね番組の審査員の仕事が入って。ヘッドホンを片方だけ当ててました」と“お決まりの”ポーズを取っていたことを明かした。
 さらば青春の光・東ブクロが「(みんながやっている)あれは何なんですか?」と聞くと、城島は「髪形が崩れるの、嫌やから」と意外な答えを口にして、出演者は爆笑。続けて、実際にものまねを見た時に審査員が見せるベタなリアクションの真相についても語った。
 「あからかさまなリアクションをする人いるじゃないですか。僕もウソくせえな、と思ってたんですよ。ゲストで出た時、途中で(カメラに)抜かれて…僕もあからさまなリアクションしてました。うまかったら、オオーって、ああいうリアクションしちゃうんですよ。不思議ですわ」
 体験談をもとに、審査員の反応が「ガチ」と証言。ただ、ドランクドラゴンの鈴木拓に「それは素なのか、ちょっとは大げさな顔にしてあげようと思ってたりするんですか」と聞かれ、少し間をおいて、「半々ですね」と“本音”を口にしていた。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS