MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

文化・芸能

徳重聡、石原プロ社史に記した思い「後世に語り継ぐ役目を担えたら幸せ」

スポニチアネックス - 1月14日(木) 4時1分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 16日に芸能プロダクション業務を終了する石原プロモーションの社史「石原裕次郎 渡哲也 石原プロ社史」(青志社、3800円=税別)が14日に発売される。貴重な資料と900点の秘蔵写真を収めた424ページで芸能史の一時代を振り返る決定版。石原まき子夫人(87)、舘ひろし(70)、神田正輝(70)らが58年の歴史に幕を閉じる心境をつづった「謝辞」も収録されている。
 「21世紀の裕次郎を探せ! 1億人の心をつかむ男」新人発掘オーディションで石原プロ入りした俳優3人もそれぞれの思いを記した。17日付でホリ・エージェンシーに移籍するグランプリの徳重聡(42)は「石原さんや渡さんの素晴らしさを後世に語り継ぐ役目を担えたら幸せです」と意欲。昨年、スタッフ・テンに移籍した金児憲史(42)は「人間として得たものはいっぱいありますが、いちばん大切な“背骨”の部分を育ててくれた気がします」と感謝。移籍先を交渉中の池田努(42)も「一から自分を育て、どんな時も守ってくれた石原プロに心から感謝いたします」としている。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS