MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

文化・芸能

さんま、黒川氏と記者の賭け麻雀に疑問「4人のうち1人は辞めておきましょうって言うポジション」

スポニチアネックス - 5月23日(土) 22時56分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 お笑いタレント、明石家さんま(64)が23日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。新聞記者らとの賭け麻雀で辞職した東京高検の黒川弘務検事長(63)について言及した。
 自宅に雀卓があるほどの麻雀好きというさんまは、「黒川さんって方が、よほど麻雀をお好きやったんだと思うけども」と切り出した。自身も麻雀をする予定があったそうだが、3密などを考慮しキャンセルしたそう。「大丈夫やろって安易に周りは言うんですけど。もしやっていたら黒川さんみたいなニュースになっていたかも分からない。3密破りということで」とコメントした。
 続けて「あのポジションの人で、周りが新聞記者でしょ」と話した上で、「4人のうち1人は辞めておきましょうと言うポジションやもんな、不思議な」と苦笑交じりに疑問視。「あの人ら(新聞記者)が書いている記事を、コロナで3密守ってくださいって人らが賭けマージャンと密を破っていたって…」と語った。
 一方で、「日本国民の人たちはマジメで、ものすごい一生懸命やっとるやんか、自粛をね」とも。「俺もみんな、こんなに自粛するんだって、日本人って真面目なんだろうなって改めて感心した」と話していた。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS