MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

文化・芸能

東国原英夫 小池都知事の“自粛要請”に「基準を示すべき…今まで緩かった」

スポニチアネックス - 3月26日(木) 14時38分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 元宮崎県知事で衆院議員も務めたタレントの東国原英夫(62)が26日、TBS系情報番組「ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜」(月〜金曜後1・55)に出演。東京都の小池百合子知事は25日夜、都庁で緊急記者会見を開き、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、今週末は不要不急の外出を避けるよう要請したことに言及した。
 25日に新たに41人の感染者が確認されたことを受けた措置で、小池知事は平日はできるだけ自宅で仕事を行い、夜間も外出を控えるよう求めた。「オーバーシュート(爆発的患者急増)を防ぐ重大局面」と強調し、危機意識を持つよう呼び掛けた。東京での外出自粛要請は初めてとなった。
 東国原は「具体的に基準を示すべきですよ。ですから、どういう場合は外出はOKだとか、何回までOKだとか、外出の自粛の要請をする時にある程度の基準は示すべき。そうしないとパニックになりますよ」と指摘。「今まで東京都は緩かった。五輪の延期が決まり…」と話した。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS