MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

文化・芸能

小田和正TBS特番「クリスマスの約束」2年ぶり復活!初参加KANや5年ぶり清水翔太らと豪華コラボ

スポニチアネックス - 12月4日(水) 4時0分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 シンガー・ソングライターの小田和正(72)が2日夜、神奈川県横須賀市のよこすか芸術劇場でホスト役を務める年末恒例のTBS音楽特番「クリスマスの約束2019」(25日深夜0・10)の収録を行った。2001年にスタートした冬の風物詩だが、昨年は放送がなく、17年以来2年ぶり18回目の開催。シンガー・ソングライターのKAN(57)が初参加、清水翔太(30)が5年ぶりに出演。令和初の“クリ約”に、約3万通を超える延べ約10万人の応募の中から選ばれた約1600人が酔いしれた。
 15年は横浜赤レンガ倉庫1号館、16年は赤坂BLITZと約400人収容のライブハウスが会場。17年は小田の古希を盛大に祝おうと千葉ポートアリーナで初開催し、約3000人の観客が集まった。今回の舞台は、小田が11年にライブを開いたこともあるよこすか芸術劇場。オペラハウス仕様の客席はステージが近く感じられ、より一体感が生まれる。冒頭、小田は「『my home town』(横浜市)を思い切り突き抜けて、横須賀にやって参りました!2年ぶりの『クリスマスの約束』ということで、楽しくやっていきたいと思います!」とあいさつした。
 ゲストはKAN、清水のほか、小田と「委員会バンド」を組むスキマスイッチ・大橋卓弥(41)常田真太郎(41)スターダストレビュー・根本要(62)いきものがかり・水野良樹(36)に、熊木杏里(37)JUJU(43)矢井田瞳(41)TRICERATOPS・和田唱(44)と“常連”が勢揃い。バンド「鹿の一族」のボーカルで、NHK「ドキュメント72時間」のテーマ曲「川べりの家」で知られる松崎ナオ(43)が初参加した。
 小田は豪華ゲストと古今東西の名曲をコラボレーション。歌詞を書く苦労について質問されたKANは「作曲や編曲に困ることはそんなにないんですが、歌詞ばっかりはいつどうやったらどんなものができるか全然分からずに、三十数年やってきまして。僕はほとんどの歌詞をお酒を飲んだ直後に書いているんです。最近、ここ数年は歌詞の書けるバーを自分で勝手に決めて、お店の一番奥の隅っこの小さいテーブルで自分のデモ音源をイヤホンで聴いて、パソコンを開いて書いています。だから、歌詞が出来上がったとしても、ものすごく酔っ払った状態で書いているので、どうやって書いたのか覚えていないというのがほとんど。僕、こう見えても普段は理性の塊みたいな人間なんです。だから、言葉が出てくる前に『いや、それはないだろう』と自分でガードをしちゃうんですよね。それがお酒を飲むことによって(カードが)柔らかくなって(言葉が)ドロドロ、ドロドロ出て、次の日に見て『なんだ、これ』と。また次の晩にまとめてという繰り返し。お酒でよかったですよね」と明かし、笑いを誘った。
 小田は「他にやりたい曲があったので」と大ヒット曲「愛は勝つ」を選ばなかったものの、KANがピアノ弾き語りで即興。歌詞を変えながら、なかなか歌い終わらないKANに、小田は「種明かしをしますが、KANちゃんが歌って、なかなかやめないので、僕が止めに入るという“脚本”があったんですが、なかなかうまくいきませんよ」と苦笑い。その後、KANの別の名曲を2人で披露した。
 約2時間45分に及んだ収録の最後の曲は、小田が作詞・作曲し、01年に制作された“クリ約”のテーマ曲「この日のこと」。清水を招き入れて全員で歌い上げた。08年にメジャーデビューした清水は翌09年に“クリ約”に初参加。メドレー「22’50’’(22分50秒、各アーティストの楽曲をつなげたメドレー」で「この日のこと」を歌った。
 「当時、右も左も分からない状況の中で、すごく光栄な分、一番若手の自分が失敗できないというすごいプレッシャーもありました。毎日、必死に練習している中で、すごく刺さる曲でした。『クリスマスの約束』でご一緒した、いつでも会えるわけじゃないアーティストの方々とまた歌えるように、また小田さんに会えるように、そういう思いが今の自分の活動を支えている気もして。孤独な時や不安な時とか、すごく助けていただいている曲です」
 今年8月に清水が「どうしても歌いたくなって」、同曲の弾き語り音源を自身のSNSにアップ。「まさか、その年の『クリスマスの約束』に呼んでいただけるとは。本当に光栄です」。それを聴いた小田が「『クリ約』は、この歌で始まったということを改めて思い出しました。今年は是非、翔太を呼んで、この曲で締めくくりたいと思いました」と原点回帰。清水が「この日のこと」を小田と歌うのは10年ぶり。12人のハーモニーが5階席まである場内に響き渡った。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS