MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

文化・芸能

“九州が誇るエナジーアイドル”LinQ シックに“変身”「待ってました!」

スポニチアネックス - 10月10日(木) 5時43分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 11月13日に発売されるLinQのミニアルバム「anytime」の全容が発表された。ビジュアル写真も更新。収録曲は今月の公演やイベントで披露される。今回はリーダーの吉川千愛(25)と副リーダーの海月らな(21)に魅力を語ってもらった。
 11月に発売されるミニアルバム「anytime」には5曲が収録される。表題曲「anytime」のレコーディングは生バンドをバックにしており、朝から聴きたくなるような爽快なナンバーに仕上がった。副リーダーのらなは「仕事を頑張ろうと思ってもらえる曲」とPRした。
 残りの4曲は恋愛がテーマだ。LinQには「ナツコイ」のような王道の恋愛ソングがあるが、今回は新たな曲調にも挑戦した。リーダーの千愛は「しんみり系で落ち着いた曲の『ふたりの愛SCREAM』と、腹黒い一面を出さないといけない『SHITATAKA—TRAP』があって。強く歌いすぎるのも違う気がして、(表現方法が)難しかった」とレコーディングを振り返った。また、「SHITATAKA—」にはサビにソロパートがあり、聴きどころだ。「anytime」とともに、今後のリリースイベントでファンに解禁される。
 この2曲に加えて5月にエムカードで発売した明るい恋愛ソングの「LOVEBOMB」。背伸びした大人の恋を歌った先月配信の「Wavy Hug」というラインナップだ。千愛は「飽きないというか。それぞれのよさが全部集まっているいいアルバムだと思う」と手応え。らなも「どの曲も自信があります。場面によって聞き分けて楽しんでほしい」と呼びかけた。
 新アルバムの全容とともに、“九州が誇るエナジーアイドル”とされるメンバーのビジュアル写真も更新された。シックに全員が黒で決めたのが特徴。1月に発売した「進め!少年少女」のスパンコールなど、さまざまな格好に6人は挑戦してきたが、これまで黒の衣装はなかった。ボーイッシュな、らなは「待ってました!」と大歓迎。「黒の衣装が欲しいとメンバー同士で言っていた。この曲にも合っていると思う」と千愛もうなずいた。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS