MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

文化・芸能

朝原宣治氏“現役復帰”で金&世界記録狙う!武井壮と同チームで世界マスターズ陸上出場

スポニチアネックス - 6月14日(木) 1時0分

拡大写真

(スポニチアネックス)

 北京五輪男子陸上4×100メートルリレーで、男子トラック種目では日本史上初の銀メダルを獲得した日本代表チームのアンカー・朝原宣治氏(45、大阪ガス)が、タレント・武井壮(45)と同チームで9月にスペイン・マラガで開催される「世界マスターズ陸上2018」に出場。M45クラス(男子45〜49歳)でメダルを目指すことになった。13日放送のMBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」の番組内で発表した。
 朝原氏は08年9月のスーパー陸上で現役を引退。一方の武井はフランス・リヨンでの「世界マスターズ陸上2015」のM40クラス(男子40〜44歳)の4×100メートルリレーで金メダルを獲得した実績がある。
 武井から出場を誘われて「体を動かしてみて、メドがたった」と朝原がGOサイン。記録とメダルを目指して“現役復帰”することとなった。武井は「自分も初めてマスターズに出るときはプレッシャーを感じた。メダリストがマスターズの場に立つことは、陸上界の誰もが楽しみにしていると思う。合流してくれて本当に感謝してます」と期待を寄せている。五輪メダリストとマスターズメダリストが強力タッグ。金メダルと世界記録樹立を目指す。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright (C) SPORTS NIPPON NEWSPAPERS