MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

ディスカバリーチャンネル

絶滅した巨大ペンギンは人間サイズ!NZで発見された化石から判明

ディスカバリーチャンネル - 8月15日(木) 19時0分

ニュージーランドで発見された化石が、かつて地球上に存在していた巨大ペンギン「クロスヴァリア・ワイパレンシス(Crossvallia waiparensis)」のものであることがわかった。このペンギンの大きさは、現在の地球最大のペンギンである「エンペラーペンギン」よりもはるかに大きいサイズであったとみられている。

クロスヴァリア・ワイパレンシスの化石は、2018年にニュージーランドのノース・カンタベリーでアマチュア考古学者が発見した。化石の骨格を研究した結果、これまで見つかっていなかった未知のペンギンであることが判明したのだ。

カンタベリー博物館が再現した3Dモデル Credit: Canterbury Museum

カンタベリー博物館によると、骨格から、クロスヴァリア・ワイパレンシスは体長が約160センチ、体重は最大で70キロ以上にもなることがわかったという。エンペラーペンギンの最大個体が130センチサイズであることを考えると、クロスヴァリア・ワイパレンシスはペンギンとして非常に巨大であったことがわかるだろう。また、現在のペンギンよりも水泳に適した足を持っていたこと、直立できなかったことなどがわかっている。

クロスヴァリア・ワイパレンシスが生息していた6600万年前から5600万年前は、南極が森林に覆われていたほど暖かったとされる。絶滅した原因は調査中のようだが、今回の発見は、ペンギンが早い段階で巨大なサイズに達していたという研究者の考えを裏付けるものになったようだ。

 

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© WOWOW INC. 2016 All Rights Reserved./(C) MOVIE Collection/© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved./Copyright @2019 Discovery Japan, Inc. All rights reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。