MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

映画

「ベルばら」オスカルのモデルだった!“世界で一番美しい少年”ゆえに見た天国と地獄

MOVIE Collection[ムビコレ] - 10月22日(金)

拡大写真
(MOVIE Collection[ムビコレ])

『ベニスに死す』で見初められたビョルン・アンドレセンがたどった50年の軌跡
ルキノ・ヴィスコンティ監督『ベニスに死す』(71年)で主人公を破滅に導く少年タジオを演じて50年。ビョルン・アンドレセンの衝撃の真実を描いたドキュメンタリー『世界で一番美しい少年』が12月17日に公開されることがわかった。そしてこのたび、日本版ポスタービジュアルが公開された。



このたび公開されたポスターに使われている写真は、『ベニスに死す』出演のためにヴィスコンティ監督のオーディションを受けたときのもの。

こちらを射るような鋭い瞳、そして無垢な印象を植え付ける白バックのビジュアルとなっており、アンドレセンが同作出演後にたどることになる人生を物語るキャッチコピー「美しいことは罪ですか」と共に、本作品の総てを表現しているといえる。




「ベルばら」オスカルのモデルが『ミッドサマー』で崖から…
本作品は、ビョルン・アンドレセンを一躍有名にした『ベニスに死す』の裏側、さらには、“世界で一番美しい少年”と呼ばれた彼の栄光と破滅、そして心の再生への道のりを映しだした衝撃のドキュメンタリーだ。



“世界で一番美しい少年”として、『ベニスに死す』公開当時一大センセーションを巻き起こした当時15歳のビョルン・アンドレセン。1971年カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、25周年記念賞を受賞、日本でも72年のキネマ旬報ベスト・テン第1位になるなど、圧倒的な評価を得て長年多くの人に愛され続ける名作となった。

見る者の目を釘付けにする圧倒的な存在感を残したアンドレセンは、来日してもCM出演などの芸能活動を行い、日本のカルチャーにも大きな影響を及ぼした。

事実、池田理代子は、マンガ「ベルサイユのばら」の主人公“オスカル”のモデルがアンドレセンであったことを明かしている。

また、日本でも大ヒットしたアリ・アスター監督作『ミッドサマー』(19年)では、崖から飛び降りて無残な顔面と化す老人ダンを演じて話題となっていた。



・場面写真をまとめて見る!

本作品は、オスロ・ピックス映画祭、クリーブランド国際映画祭、セドナ国際映画祭などで上映され、「突然の名声が人生をどのように左右するのか真摯に伝える唯一無二のドキュメンタリー」(Vogue)、「人間の美しさは、人間力にあると教えてくれる」(Screen Daily)といった評価のほか、GuardianやTimes UKなどがハイスコアを付けている。

『世界で一番美しい少年』は12月17日に公開される。


【関連記事】
明るいことがおそろしい!恐怖の歴史覆すスリラー『ミッドサマー』予告編解禁
『MISS ミス・フランスになりたい!』ルーベン・アウヴェス監督インタビュー  圧倒的な美貌を持つユニセックスモデル、アレクサンドル・ヴェテール初主演
K-POP新人ガールズグループかと思いきや、超特急の妹分!? BULLET PINK現る
後光が差してる板垣李光人! ジェンダーレスな魅力爆発のカレンダー別カットが生写真で発売

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© NANO association co.,ltd. all right reserved/(C) MOVIE Collection/© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved./Copyright @2019 Discovery Japan, Inc. All rights reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved. ©うたびと all rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。