MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

映画

天才ヴァイオリニストはなぜ姿を消した?『The Song of Names』12月3日公開

MOVIE Collection[ムビコレ] - 9月15日(水)

拡大写真
(MOVIE Collection[ムビコレ])

オスカーノミネート俳優のティム・ロスとクライヴ・オーウェンが出演する新作映画『The Song of Names』(原題)が、12月3日より全国公開されることが決定した。

・「怒りを込めた」金獅子賞受賞監督、望まぬ妊娠描いた彼女が語った決意とは?


天才ヴァイオリニスト・ドヴィドルをめぐる謎を描く音楽ミステリー
本作は、音楽映画の名手フランソワ・ジラールが監督を務める音楽ミステリー映画。天才ヴァイオリニストをめぐる謎を描く。

始まりは1938年。ロンドンに住む9歳のマーティンの家に、ポーランド系ユダヤ人で類まれなヴァイオリンの才能を持つドヴィドルがやってきた。同い年のマーティンと兄弟のように育ったドヴィドルはその才能を開花させ、21歳でデビューコンサートの日を迎える。しかしその晴れ舞台の当日、ドヴィドルは忽然と姿を消した…。

35年後、コンサートの審査員をしていたマーティンはある青年のヴァイオリンの音色を聴き、愕然とする。彼が奏でるヴァイオリンは間違いなくドヴィドルにしか教えられないものだった。マーティンは長い沈黙を経て、ドヴィドルを探す旅路に出る。なぜ彼は姿を消したのか? ロンドン、ワルシャワ、ニューヨークを巡り、その真相が解き明かされたとき、2人の止まっていた時間は再び回り始める…、というストーリーが展開される。



主人公マーティンを演じるのは実力派俳優のティム。『ロブ・ロイロマンに生きた男』(95年)でアカデミー賞・助演男優賞にノミネートされ、『海の上のピアニスト』(98年)で演じた、船上で生まれ育ち一度も船を降りることがなかったピアニスト、ナインティーン・ハンドレッドの印象も根強い。近年では『或る終焉』(16年)で死期が迫った患者の看護師の主人公を演じるなど、年齢とともに円熟味を増しながら多彩な役を演じている。

『クローサー』(04年)でゴールデングローブ賞・助演男優賞を受賞し、アカデミー賞にもノミネートされたクライヴ・オーウェンは、56歳になったドヴィドルの役を演じる。名実ともに映画界を代表する2人のオスカーノミネート俳優による演技対決にも注目だ。

監督は『レッド・ヴァイオリン』(99年)、『シルク』(07年)、『ボーイ・ソプラノただひとつの歌声』(15年)など音楽映画の名手フランソワ・ジラール。ハワード・ショアによる音楽とともに、激動の時代に兄弟のように育った2人がたどる旅路をブルッフ、バッハ、ベートーヴェン、パガニーニなどクラシックの名曲が彩っている。また、本作のヴァイオリン演奏は、21世紀を代表するヴァイオリニスト、レイ・チェンが務めた。

音楽とミステリーが融合した力作の予感漂う本作。今後の続報にも注目だ。

『The Song of Names』は12月3日より全国公開。


【関連記事】
上白石萌歌、撮影中に「重い夢見た」と明かすも山本舞香「私は爆睡」
『護られなかった者たちへ』佐藤健が東北での撮影に感謝 そのワケは?
林遣都と小松菜奈がリハビリと称してデート満喫! 『恋する寄生虫』新場面写真解禁
原作の脚色はどこまで許される?『ドライブ・マイ・カー』濱口監督、原作者・村上春樹とのやり取り明かす

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© NANO association co.,ltd. all right reserved/(C) MOVIE Collection/© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved./Copyright @2019 Discovery Japan, Inc. All rights reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved. ©うたびと all rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。