MY J:COM

確認・変更・お手続き

最新ニュース

お天気情報

スポーツニュース

映画

YouTube再生回数伸び悩み…ホリエモンはどこへ行く?

MOVIE Collection[ムビコレ] - 4月8日(木)

拡大写真
(MOVIE Collection[ムビコレ])

新型コロナ対応に関連した政府・自治体対応やマスコミへの批判に始まり、自ら出資するミサイル事業の打ち上げの延期を要請されたことにヘソを曲げ、北海道大樹町からの住民票移転、マスク着用を巡るギョーザ店とのイザコザ、そのギョーザ店をクラウドファンディングで救ったひろゆき(西村博之)氏への一方的は絶縁宣言…と、最近では実業家というより“トラブルメーカー”として存在感を示している感のある堀江貴文氏だが、数あるソーシャルメディアで発信活動する中で、その主戦場ともいえるYouTube「ホリエモンチャンネル」の再生回数が激減している。

手越祐也、人生初の禁酒 飲酒現場目撃したら「首絞めて」


YouTube伸び悩みも…手がける事業は多角化
最盛期には200~400万回再生だったものが、騒動以降、急激が“ホリエモン離れ”が進み、良くて20万回再生、1万回台の動画も散見し始めている。かろうじて「NewsPics」とのコラボで下支えされている面もあるが、共演するのは、メディア批判などで論を同じとする評論家か、自身が主宰する「ゼロ高」の生徒といった“イエスマン”ばかり…。

もちろん当人はYouTuberとして生活しているわけではなく、情報発信もTwitter、ClubHouse、ニコ生のブロマガチャンネルなど、多岐に渡り、YouTubeの再生回数は減ったからといって忘れ去られた存在とは一概には言えないものの、既存メディアや意見を異にする相手を、時には口汚い言葉で罵り、恩人や支援者(※北海道大樹町は町長の計らいでミサイル発射場を無償で提供。また西村博之氏もライブドア事件時に堀江氏を支援)をも平気で切り捨てる姿勢にそっぽを向かれた側面もあろう。

今後、彼はどうなるのか。オンラインサロン「堀江貴文イノベーション大学校」やロケット事業は継続するであろうが、一方で、彼が理事をつとめている「一般社団法人予防医療普及協会(https://yobolife.jp/)」の中で注力する予防医療の分野(子宮頸がんワクチン接種推進運動やピロリ菌除去運動など)で、その広く深い見聞を広めていってほしいものである。

(文:寺島武志/フリーライター・編集者)


【関連記事】
松坂桃李と西野七瀬が急接近!? 『孤狼の血 LEVEL2』場面写真解禁
永野芽郁が田中圭の娘に! 魔性の女・石原さとみとの関連は?『そして、バトンは渡された』が映画化
中田敦彦、4月中旬から顔出し動画を復活 顔出し撤回理由は“中田敦彦不足”
ホリエモン、コロナでロケット事業延期も2300万円超を資金調達中!

 

最新の記事

掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。
Copyright(C)2016 JIJI PRESS LTD, All Rights Reserved./Copyright(c) Kyodo News All Rights Reserved./Copyright MANTAN Inc. All rights reserved./(C) ONGAKUSHUPPANSHA Co.,Ltd./© NANO association co.,ltd. all right reserved/(C) MOVIE Collection/© 2017 Viacom International Inc. All rights reserved./Copyright @2019 Discovery Japan, Inc. All rights reserved./Copyright © BANGER!!! All Rights Reserved. ©うたびと all rights reserved.

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。
番組データ提供元:IPG Inc.
ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは米国RoviCorporationおよび/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。
このホームページに掲載している記事・写真等あらゆる素材の無断複写・転載を禁じます。